小顔になろう【ボトックス治療で綺麗なフェイスラインをゲット】

サイトメニュー

注意すべきこと

女性

ボトックスによる小顔治療を受ける際には、ボトックスの性質について知っておいた方がよいでしょう。ボトックスとはボツリヌス菌から作られた薬剤です。ボツリヌス菌の神経毒によって筋肉や神経の働きを阻害することにより、筋肉を緩める効果があります。神経毒という単語を聞くと危険なのではないかと感じる人もいるでしょう。しかし、労働省の認可が下りた薬剤なので安心しましょう。もともとは、美容治療でなく、眼瞼痙攣の治療や顔面痙攣の治療で使用されており、治療で用いられてからの歴史は長いのです。美容治療としては、90年代から取り入れられています。これまでにボトックスを使用した小顔治療には様々な症例があり、年々美容治療は進化しています。その為、納得のいく小顔治療を受けることが可能なのです。また、ボトックスを使用した美容治療は、小顔治療だけではありません。眉間のシワや目尻のシワを摂ることも可能です。さらに、ふくらはぎをスッキリさせたりすることも出来ます。注入部位によって、さまざまな美世効果を実感することが出来るでしょう。しかし、注意事項があります。ボトックスは、一度の治療で効果が永久的に持続するものではないので、定期的にちりょうを受ける必要があります。けれども、何度も何度も同じ場所にボトックスを注入すると、その部分に抗体が出来てしまうのです。それによって、次第に効果を実感することが難しくなってしまいます。しかし、研究の結果投与数が一定以上なければ、そのようなことはないそうです。カウンセリングの際に、クリニックの医師に相談してみると良いでしょう。また、ボトックス治療を受けることが出来ない人もいます。それは、妊娠中や妊娠希望の女性や授乳中の女性、注入部位に感染症がある人、アルブミン過敏症の人などです。これらに該当する人は、治療を受けないでください。そして、ボトックスと言っても様々な薬品メーカーが後発品を取り扱っています。ポピュラーに出回っているのがアメリカのアラガン社のボトックスです。それ以外にも韓国製のボトックスなどもあります。ボトックスの種類によっては費用が安いものがありますが、費用が安いボトックスだと効果が薄いことがあります。また、販売元がはっきりしていないボトックスは危険です。実際に治療を受ける前に、医師に使用するボトックスの販売元やメーカーなどを確認してもよいでしょう。もし、教えてもらえないようであればクリニックを変えることも検討しましょう。悪質な美容治療を行なっているクリニックかもしれません。日本国内ではそのようなクリニックはほとんどありませんが、海外で美容治療を受ける際には注意しましょう。海外であれば、日本語を理解していている医師やスタッフが在籍しているクリニックを選択しましょう。美容クリニックの治療はきちんと意思疎通が取れていないと失敗する恐れもあるので注意すべきです。